簡単で効果が出る「ココナッツオイル」でダイエット!

ココナッツオイルって油?油ってダイエットに大敵ではって思っていませんか?確かに油はカロリーも高く、通常のダイエットには不向きではありますが、ココナッツオイルはスーパーフード!普通の食用油なんかより燃焼するスピードが早いのでダイエットに活かしましょう。

*

脂肪を30%も食べなかった事にしてくれる医薬品「ゼニカル」の上手な使い方

ゼニカルは脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害して、脂肪が分解・吸収されるのを防ぐ栄養吸収阻害型のダイエット医薬品です。食べながら痩せるというのがコンセプトで、脂質を摂取してもその30%を未吸収にして排出してくれます。

脂質から1,000kcal摂取したとしたら、1,000kcal×30%=300kcalを食べなかったことにしてくれるというわけです。
残りの700kcalは吸収されてしまいますが、30%も脂肪の吸収を抑えてくれるということで継続して使っていけば、徐々に痩せ効果を感じられるようになります。

脂質が多い食事の時こそゼニカル

ゼニカルを上手に使うにはコツがあります。

つまりいかにダイエット効率を高くするかということですが、ゼニカルは脂質の吸収は妨げますが炭水化物とたんぱく質のカロリーは通常どおりのままということです。なので仮にご飯だけ、パンだけという食事をした場合には、脂質はほとんど含まれていないので、使っても吸収が阻害される脂肪がありません。

炭水化物単独の食事をした時には使っても意味がないということです。

糖質を抑えれば痩せる効果アップ

もし効率的に痩せたいのであれば、炭水化物を控えて糖質制限ダイエットと組み合わせてみると良いです。

肉、魚、野菜、卵、チーズなどを食事のメインにすれば脂質の吸収を抑えてカロリーカット出来ますし、糖質制限によりインシュリンの分泌が起こりにくくなるので、脂肪がつきにくくなります。

また、ゼニカルは食べた脂質の吸収阻害作用はありますが、すでに蓄積している体内脂肪を燃やす効果はありません。

ゼニカルでは体内脂肪は減らない

ゼニカルだけで体重や体内脂肪が減らないという場合には、有酸素運動を加えると燃焼効率が高くなります。有酸素運動には、ウォーキング、水泳、ヨガ、階段昇降などがあります。

水泳やヨガなど道具や場所を必要とする有酸素運動は、毎日行うのが難しいのでウォーキングや階段昇降など生活の中に取り入れられる運動を実践してみると良いでしょう。

ウォーキングであれば、GPSの機能を生かした人気ゲームもあるので、それで遊びながらダイエットするという方法もあります。歩く暇がないというほど忙しい人でも、通勤や通学の時間を見直してみれば歩く機会は結構見つかるものです。階段を上るのは無理でも降りるのは積極的にやるなど、自分なりにハードルを下げつつ取り組んでみると良いでしょう。

こうしていけば、摂取カロリーよりも消費カロリーが増えて体内脂肪が燃えていきます。

公開日: