簡単で効果が出る「ココナッツオイル」でダイエット!

ココナッツオイルって油?油ってダイエットに大敵ではって思っていませんか?確かに油はカロリーも高く、通常のダイエットには不向きではありますが、ココナッツオイルはスーパーフード!普通の食用油なんかより燃焼するスピードが早いのでダイエットに活かしましょう。

*

ダイエットに向かない飽和脂肪酸が多いココナッツオイルがダイエットに向く理由

      2016/09/19

ダイエットを行なうときに、美容オイルを利用して行なう人が増えてきています。さまざまな美容オイルがありますが、中でも人気なのがココナッツオイルです。

ココナッツのオイルは飽和脂肪酸を主として脂質が多く含まれており、ダイエットには向かないのではないかと思われる人も多いかと思いますが、むしろ積極的に摂っていきたいオイルとも言えます。

中鎖脂肪酸は体内に蓄積しないオイル

通常なら飽和脂肪酸はコレステロール値を上昇させたり、過剰摂取することによって動脈硬化などの病気のリスクを高めてしまうなど健康を意識しているなら避けたい成分です。しかし飽和脂肪酸にも種類があり、ココナッツオイルに含まれているものは長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸に分けられます。

  • 長鎖脂肪酸

長鎖脂肪酸は体内に取り込むことによってリンパ管から静脈、脂肪組織に筋肉、肝臓とゆっくり運ばれる特徴があります。必要に応じて脂肪は分解されてエネルギーとなり、余ったものは体内に蓄積されます。

  • 中鎖脂肪酸

中鎖脂肪酸は、門脈から直接肝臓へ運ばれるため吸収が早いという特徴があります。即座にエネルギーへと効率良く分解されて体内に留まらないという効果のため、脂肪が蓄積しないというメリットがあるとされています。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸が多いため、太りにくいオイルになるのです。

ココナッツオイルには植物繊維も豊富

また、ダイエットのときになりがちな便秘を解消する効果も期待が出来ます。ココナッツは栄養価が高く食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富に含まれています。普段から意識して摂取していくことによって食物繊維不足が解消されるようになり、腸内の有害物質などを除去する働きも期待することが出来ます。有害物質が除去されれば腸内環境も良くなり、便秘の改善へと繋がります。

ダイエット効果だけではなく他にも、心臓の健康増強、免疫機能を強化したり腸内環境が良くなることで肌を綺麗にする効果など美容や健康にも効果的です。

ココナッツオイルは酸化しにくく長期間日持ちするオイルで、酸化安定性も高いため炒め物や揚げ物などの加熱しても使うことができます。もちろん飲み物に入れて摂取しても効果的ですが、健康に良いからといって過剰摂取してしまうとカロリーオーバーになってしまう可能性も考えられます。

そのため健康や美容を目的に摂取する場合には一日大さじ2杯程度が適量だとされています。美容のために肌に塗って使いたいという場合には不純物の少ない生成されたものを使うことがおすすめです。また、体質に合わない場合もあるため注意が必要です。